Blogブログ

【メンズ】男の腕をあげるメンズビジネススタイル!髪型別に紹介!

ほつれ束感, ウェット, オールバック, ショート, ショートマッシュ, ショートレイヤー, スパイラルパーマ, センターパート, パーマ, ビジネス, ビジネスパーマ, ベリショ, メンズ, メンズ髪型, リクルート, 刈り上げ, 束感, 濡れ髪, 短髪, 髪型, 黒髪, 2ブロック

“男だから髪型はそれほど気にする必要はない、と言われていたこともありましたが、それはすでに昔の話。今やメンズもおしゃれをする時代です!短い髪だからこそビジネスシーンでかっこよく決まる、人気のメンズ髪型を紹介します。

美容師がおすすめするベリーショートビジネススタイル4選!

ベリーショートはアレンジしにくいと思う人も多いかも知れませんが、前髪を長く残したり、レイヤーを入れたりすることで、さまざまな雰囲気を演出することが可能です。おすすめは、スーツに似合うビジネスヘアスタイル。特に美容院では、ベリーショートと束感(毛の束をアクセントにしたスタイル)、ソフトモヒカン(本来のモヒカンよりも髪のメリハリが少ないモヒカン)、ツヤ感(髪の毛全体にツヤが出ているスタイル)、オールバック(おでこを出したスタイル)の4つが人気です。

(1)ベリーショート×束感

前髪を長めに残す束感ベリーショートは、小顔効果があるだけでなく、束感がオシャレ度をアップさせてくれるため、大人気のメンズヘアです。サイドとネープは短めにカットしますが、前髪は束感を出しやすいようにスライドカット、または全体をセニングカットします。根元にパーマをあてると毛先に動きが出て、いろいろな雰囲気を楽しめるでしょう。

(2)ベリーショート×ソフトモヒカン

トップにある程度の長さを残し、サイドを刈り上げたヘアスタイルは、爽やかな印象に仕上がるため、ベリーショートとソフトモヒカンはビジネスシーンにもよく映えます。かっこいいメンズの髪型に仕上げるには、サイドとトップのバランスが大切です。トップはスタイリングで立ち上げるのに適した長さを残し、サイドとのメリハリを出します。

(3)ベリーショート×ツヤ感

ツヤ感のあるベリーショートは、オンとオフどちらも決まりやすい髪型として、多くのメンズに支持されています。全体的に短くすることが基本ですが、髪に流れをつけるため、前髪はやや長めに残すことがポイントです。ツヤ感を出すには、スタイリングが大切で、タオルドライの後ジェルワックスで全体を整えていきます。

(4)ベリーショート×オールバック

仕事ができるメンズの代名詞とも言えるのが、オールバック。髪の毛を後方に向け、おでこを出したオールバックは、男の色気を漂わせ、女性に大人気の髪型です。ビジネスシーンでもプライベートでもかっこよく決まります。ベリーショートとオールバックを組み合わせた髪型の基本は、前髪を長めに残し、サイドとバックは刈り上げます。必要なら頭の丸みに合わせ、セイムレイヤーを入れることも。完璧なオールバックでも、やや崩して前髪を少し垂らしたヘアスタイルも、どちらもビジネススーツと相性はバッチリです。

美容師がおすすめするアップバングビジネススタイル4選!

前髪を上げ、額を出す髪型のことをアップバングと言いますが、清潔感あふれるアップバングは、ビジネスシーンでも大活躍。額を上げるほか髪をサイドに流したり、パーマをあてて遊び心を演出したりと、いろいろなヘアスタイルを楽しめるため、ビジネスシーン以外でもよく映えます。アップバングと相性が良いのはツヤ感・2ブロック・ジェントル(紳士風髪型)・束感の4つです。

(1)アップバング×ツヤ感

ツヤ感のあるワックスを使うと、おしゃれな髪型に仕上がりますが、アップバングとツヤ感の組み合わせは、おしゃれ感に加え清涼感が出ます。アップバングは前髪の量によって大きく印象が変わりますが、爽やかなメンズを意識するなら短くするのがおすすめです。長めに残すと、大人のメンズという印象が強くなります。どちらも髪の毛に流れをつけるようにまとめることがポイントです。

(2)アップバング×2ブロック

王道のメンズヘアスタイルと呼ばれることも多い、アップバングと2ブロックの組み合わせ。かっこいいメンズを目指すけれど、どの髪型にしようか迷った時はおすすめです。サイドと襟足は2ブロックでスッキリとカットし、トップはややボリュームを残します。前髪は上げても良いですし、アシメカットでキレのある印象を楽しむのも良いでしょう。

(3)アップバング×ジェントル

ビジネスでもプライベートでも、大人の男を演出してくれる髪型が、アップバングとジェントルの組み合わせです。前髪はアップバングしやすい長さにカット、サイドは短くカットしてスッキリさせます。トップから襟足にかけてグラデーションを入れると、スタイリングしやすくなります。トップにふんわり感を出したい場合は、パーマを掛けると良いでしょう。

(4)アップバング×束感

アップバングと束感の組み合わせは、かっこいいメンズを演出する、最強の組み合わせです。ショートカットにすると、刈り上げよりもボリュームが出て、スタイリングしやすくなります。ツイストパーマをかけると、髪に動きが出て、いろいろな髪型を楽しめるようになります。スーツとも相性が良いので、ビジネスシーンでも大活躍します。

美容師がおすすめするショートスタイル6選!

ショートスタイルは清潔感があり、髪型によってはかっこよく決めたり、男らしさをアピールしたりと、ビジネスシーンやプライベートで重宝します。おしゃれなメンズのショートスタイルは、2ブロック・爽やかさをアピール・パーマ・刈り上げ・束感・ナチュラル感を演出の6パターンあります。

(1)ショート×2ブロック

ショートも2ブロックも、メンズヘアの定番ですが、この2つを組み合わせは、黒髪の日本人によく似合う髪型です。トップとサイドのバランスや長さを変えることで、さまざまなヘアスタイルが可能になります。ツーブロックの範囲を狭くすることで失敗しにくい髪型に仕上がります。耳上と前髪を短めにカットして、スタイリングしやすくするとともに、オシャレ度がアップします。スーツにもよく似合う、無難なメンズヘアスタイルです。

(2)ショート×爽やか

髪型を爽やかなショートスタイルに仕上げたいなら、サイドと襟足は短く、前髪はやや長めに残した髪型がおすすめです。襟元を短くすることですっきりしますので、背広を着た時も、爽やかな印象を与えます。前髪にパーマをあてたり、レイヤーを入れて軽さを出すと、爽やかな中にも男らしさが漂う髪型に仕上がります。

(3)ショート×パーマ

忙しいビジネスマンにとって、短時間のスタイリングでかっこよく決まる髪型は、とても重宝します。ビジネスシーンに映えるような、おしゃれな髪型を簡単に仕上げたいなら、ショートとパーマの組み合わせが最強です。パーマをかけることでスタイリングしやすくなるほか、髪の流れを活かした髪型など、幅広い種類のヘアスタイルを楽しむことができます。
ウェービーなニュアンスを出した、アップバングの髪型は、清涼感があふれ、ビジネスシーンでも高感度抜群。サイドと襟足は短く、長めに残した前髪にパーマをかけた2ブロックのヘアスタイルなら、オールバックの髪型もよく決まります。

(4)ショート×刈り上げ

男らしい雰囲気を醸し出す、ショートヘアと刈り上げの組み合わせは、ビジネスシーンでも大活躍します。毛先にスライドカットを入れると、よりシャープになり、バリバリ仕事をこなす男という印象を与えます。幅広い年齢層のメンズに似合う髪型であると同時に、スタイリングも楽という特徴もありますから、忙しいビジネスマンにはぴったり。
おしゃれなショートスタイルを楽しみたいなら、サイドとバックを刈り込み、トップに長さを残した2ブロックをおすすめします。髪の長い部分と短い部分のコントラストを出すことで、前髪の流れがよく出ます。

(5)ショート×束感

おしゃれなメンズに是非挑戦してもらいたいのが、ショートスタイルと束感の組み合わせです。耳上を刈り上げ、トップにボリュームを残す髪型が基本ですが、前髪は束感が出やすいようボリュームを調節します。スタイリング次第で爽やかさを強調したり、シャープに仕上げたりと、さまざまな生活シーンに合わせたメンズヘアスタイルを楽しむことができるでしょう。

(6)ショート×ナチュラル

あえて自然な髪型を作ることで、好印象を与えるメンズヘアスタイルです。この2つの組み合わせの基本は2ブロックで、耳周りは短くカットまたはすっきりと刈り上げます。トップは無造作にまとめてもバランスがとれるよう、マッシュレイヤーカットか、パーマをあててスタイリングしやすくします。

パーマをかけて1ランク上のお洒落ビジネススタイルに

パーマをかけると、ストレートヘアでは難しいヘアスタイルも、簡単に作ることができます。毛先に流れや軽さ、ボリュームが簡単に出せるので、清潔感抜群の好青年から、上質のスーツが似合う、ワンランク上のおしゃれなメンズまで、さまざまな雰囲気を楽しめます。いくつかメンズヘアスタイルを試してきたけれど、やや飽きてしまったというのなら、パーマを取り入れた髪型に挑戦してみてはいかがでしょうか。新たなビジネスシーン向けの髪型が、見つかるかも知れません。パーマと相性の良いメンズヘアスタイルは、アップバングとセンターパートです。

(1)パーマ×アップバング

ビジネスシーンで大活躍するアップバングですが、パーマと組み合わせることで、清潔感をアップさせたり、よりおしゃれに仕上げることができます。耳の周りを短く切り、長めに残した前髪にパーマをかけます。髪を整える時は、七三分けにしてアップバングにすると、爽やかな色気が漂うビジネスマンという印象になります。スーツもカジュアルなファッションも、かっこよく着こなせるでしょう。

(2)スパイラルパーマ×センターパート

この2つの組み合わせは、おしゃれ上級者が好む髪型です。髪をあえて真ん中で分けることで、大人っぽい、落ち着いた印象を与えます。
細かくパーマをかけた場合は、無造作に仕上げるのがおすすめです。若い人なら年齢より落ち着いた、大人の男という印象を与えますし、大人の男性ならダンディという言葉がぴったりあてはまるでしょう。カールを活かしてスタイリングすると、また違った印象を楽しめることも、この組み合わせの特徴と言えます。

まとめ

ビジネスシーン向けのメンズヘアスタイルをいくつか見てきましたが、おしゃれな髪型には幅があるということがわかりました。どの髪型が似合うかについては個人差がありますが、髪質や好みの髪型などから、好きなものを選ぶと良いでしょう。美容院でリクエストする時は、言葉で説明するよりも、写真を見せたほうがより確実です。
言葉だけだとどうしても視覚的イメージが乏しく、担当する美容師と、客が持つ仕上がり像に、違いが出てしまうことがあるからです。そうすると期待を裏切られた、ということになり兼ねませんので、できるだけ写真や画像を持ち込んで、細かい要望を伝えることが望まれます。
何気なく目にした雑誌の一コマや、写真に添えられたメッセージには、自分に似合う髪型を発見するヒントが多く、そこから挑戦したくなる髪型が出てくる場合もあります。例えばヘアスタイルの雑誌を何冊か目を通していくうちに、ある写真を見てこれだと閃き、そこから想像力が駆り立てられ、仕事で好感度を上げ自分自身に合った髪型と言うことが発見できます。
その髪型が自分に似合うかどうかは、実際にしてみないと分からない場合もあり、思ったより似合わなかったとがっかりすることもあるかもしれません。それを避けるためにも、できるだけたくさんの髪型について情報を収集するとともに、美容師など専門家の意見を参考にすることも大切です。いろいろ試して、最適な髪型を見つけていきましょう。”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事