Blogブログ

【最新2020年】この春に流行るメンズカラー11選!

マッシュ センターパート メンズ メンズ 髪型 黒髪 スパイラルパーマ ツイストパーマ 無造作 無造作パーマ ハイトーン ベージュ

“この春、モテたいメンズは、ヘアカラーでイメチェンをしてみてはどうでしょう。今はやっている色、そしてこの冬にも流行りそうなカラーを先取りしてみませんか。髪色を変えるだけでずいぶん印象が変わるので、自然な黒い髪の毛のままでいた人が、少し明るい色に変えれば周囲の人も驚くことでしょう。また今まで明るい色にしていた人がダークにしただけでも、落ち着いて大人っぽくなったという印象を持たれます。ここでは冬にピッタリでモテる髪色を紹介します。冬にはどんな髪色がいいのか、そこを抑えてイメチェンをしてみませんか。

「春に人気の暖色カラーってどんな色?」

暖色は赤や黄色、オレンジなど温かみを感じる色のことですが、暖色系は女性によく使われる色です。しかしそんな色をメンズが使うことによって、柔らかい雰囲気を醸し出してくれます。もともとクールなメンズが暖色を使うと、さらにイメチェン感がアップします。

「メンズの春におすすめのカラー(1)赤系」

赤色は、髪の毛に使うととても派手な色になってしまいますが、赤系の色を使うことでとてもアクティブな感じを出してくれます。毛先を遊ばせるような髪型にすれば、さらに躍動感が高まり、強いメンズという印象を受けませんか。またその反面、赤系の髪色は柔らかい雰囲気もあるので、男らしくて強いメンズという印象に加えて柔らかな雰囲気も見せてくれていますね。

「メンズの春におすすめのカラー(2)紫系」

 

メンズパーマ メンズヘア 無造作 パーマ ニュアンスパーマ  ツイストパーマ 黒髪

髪に紫を入れることで、ミステリアスなイメージに変わります。個性的な色でもあるので、個性のあるミステリアスなメンズに見えませんか。ただ紫系の髪色は独特な雰囲気を持つので、服装の色に少し気を遣う必要があるかもしれません。おしゃれなメンズなら大丈夫ですね。

「メンズの春におすすめのカラー(3)ピンク系」

ピンクといえば女性の髪という印象がありますが、メンズでもかっこよさが引き立つピンク系の色があるのです。紫がかったピンクやブラウン系のピンク、灰色が買ったピンクはメンズにも合います。日差しの中でちらっと見えるピンクはかっこよくもあり可愛くもありますね。

「春でもハイトーンカラーはまだまだ人気」

寒い時期だからといって暗く思い髪より、明るく温かいイメージのある髪の方が気持ちも軽くなりますよね。だから明るめの色がまだまだ人気です。では、どんなハイトーンの色の髪が良いでしょうか。

「メンズの春におすすめの(1)プラチナアッシュ」

髪色で目立ちたい、クールでかっこいいメンズになりたい、外国人みたいになりたいという人はプラチナアッシュという髪色はいかがでしょうか。プラチナアッシュは寒色系の色ですが、顔を小さく見せる効果もあります。プラチナアッシュといっても、ブリーチをしてホワイト系に仕上がった色やブリーチをせずにダークな色にしたもの、外国人風の暗めの色など様々で、ロック調の髪型や無造作パーマともよく合います。

「メンズの春におすすめの(2)ミルクティーベージュ」

ミルクティーベージュは、ミルクティーを連想させるまろやかな感じです。日本人の肌の色でも自然に取り入れることができるので誰にでも似合いやすく、透明感のある髪に仕上がるので、女子からのウケも抜群です。ハイトーンかダークトーンで色目がずいぶんちがい、ハイトーンだとナチュラルな印象で、ダークだと色は暗めでも軽めの印象に仕上がります。ブリーチの回数も少なくて良いので、あまり手間がかりません。外国人の明るい髪色みたいに仕上がります。

「メンズの春におすすめの(3)シルバー系」

 

シルバー系の髪色は、おしゃれの上級者向けという印象がありますが、透明感と共にミステリアスな雰囲気も醸し出せて良いですね。ハイトーンシルバーをポイントにしたり、グラデュエーションにしたりと楽しみ方がいろいろあります。シルバー系が白髪隠しとしても使えるので、少し白髪が目立ってきたと感じる男性でもおしゃれに染めてみたらどうでしょうか。

「春に流行ダークカラー」

メンズパーマ メンズヘア 無造作 パーマ ニュアンスパーマ  ツイストパーマ 黒髪

寒い時期でも、明るめのハイトーンが人気がありますが、ダークなトーンも人気です。ダークカラーは落ち着きがあり、春の服装にも合います。メンズに人気のマッシュスタイルの髪型も、ダークな色なら落ち着いた雰囲気に見えるますね。男性はもともと黒髪かブラウンが定番だったので、ブラウン系のダークトーンも大人の落ち着いたメンズらしくて、肌の色にもなじみやすくいつまでも人気の髪色です。

「メンズの春におすすめの(1)モノトーン」

モノトーンとは無彩色を意味し、赤みや気味を抑えるのに適し、程よくグレーっぽい、ふわっと透明感のある髪に仕上がります。

「メンズの春におすすめの(2)ブルージュ」

ブルージュとは、ブルートベージュを合わせた色のことです。髪の毛の赤みをカバーし青みをだしてくれるので、透き通ったツヤ感のある髪の毛に仕上がります。ブリーチをしなくても良いという点も人気のある理由です。

「春に流行るアッシュカラー」

メンズパーマ メンズヘア 無造作 パーマ ニュアンスパーマ  ツイストパーマ 黒髪

アッシュはもともとはは灰色のことですが、髪の毛に使われるアッシュは、赤みのないくすんだ色として使われています。メンズがアッシュは女性に人気があるようです。黒髪よりおしゃれで生活感があるという印象が持たれるからです。特に暗めのアッシュはどんな服装にも似合うので、寒い季節のダーク系の服装にも合うのです。

「メンズの春におすすめの(1)アッシュベージュ」

日本人と最も相性の良いベージュをくすませて、ファッション性を高めた色です。黒髪よりも軽く見えるアッシュベージュは、落ち着いたメンズに仕上がります。アッシュベージュにスパイラルパーマ、明るめのアッシュベージュに七三わけのツーロックスタイル、アッシュベージュにウルフカット、明るめのアッシュベージュにゆるふわなマッシュなど、アッシュベージュに似合う髪型もたくさんあります。

「メンズの春におすすめの(2)モーブアッシュ」

モーブアッシュとは、アッシュに紫がかった色が加わった髪色のことです。紫系は光に当たると赤みが目立ちますが、モーブは薄くグレーがかった青色のことで、透明感が出ることが特徴です。アッシュと混ざっているので、少し青みがかった灰色になりますが、暗めにもかかわらずツヤが出ることも特徴です。ブリーチをすると明るめのモーブアッシュになり、ブリーチしなければ暗めのモーブアッシュになります。

「美容師が選ぶこの春に流行るおすすめカラー」

メンズパーマ ウルフ 無造作パーマ ハイトーン グレイジュ

メンズにおすすめの髪色は、定番でいえば黒髪かブラウンです。黒髪はもともと日本人の髪の色なので、そのままでも黒髪といえるのですが、自然の黒髪は純粋な黒ではなく少し白みがかった色をしています。そのためブラックという色であえて染めるのも良いでしょう。

またブラウンも定番で、黒髪よりも軽い印象でおしゃれに見えます。ブラウンといっても明るい色もあればダークトーンのものもあり、あまり目立ちたくないけれど軽くさわやかな感じにしたいという場合は濃いめのブラウンがすすめられます。

さらなるおすすめは、くすんだ色調が落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるアッシュ系です。無造作にスタイリングしたヘアスタイルにはナチュラルな感じにしてくれ、しっかりとパーマをかけた重ための髪型にはヌケ感を感じさせてくれます。またくすんだ色味が大人っぽい雰囲気も演出してくれるます。グレー系のアッシュなら落ち着いた雰囲気を持ちながら、流行をしっかりと押さえていてモテるメンズになれるでしょう。プラチナアッシュも赤味や気味を抑えて、透明感を出してくれるのでおすすめです。

アッシュ系でもブラウン系になるとナチュラルで清潔感のある雰囲気を感じさせてくれるので、さわやか男性を目指す方におすすめです。さらに深みのある男性を目指すなら、ダークトーンのグレーにくすんだ質感を取り入れたアッシュグレーも良いでしょう。

「メンズの春におすすめの(1)プラチナゴールド」

「プラチナゴールドという色も見逃せません。プラチナは髪にツヤと光沢感を与え、アッシュと組み合わせることによって透明感を引き出すことができます。さらにゴールドを組み合わせることにより外国人男性のような雰囲気を出してくれます。ちょっと目立ちたい、外国人のようにカッコよく魅せたいというメンズにおすすめの色です。無造作な髪型でもパーマをかけても良いでしょう。

「まとめ」

以前は、女性の方が髪を染め、明るくて軽めのヘアスタイルにしていたのですが、男性もへアカラーを楽しむようになってきました。髪型を変えるだけでもイメチェンになるのですが、同じ髪型でも色を変えることでもっと雰囲気が変わります。男性は黒髪かブラウンが定番ですが、くすみのあるアッシュとほかの色を組み合わせて、他の男性と差をつけてみてはいかがでしょうか。男性は寒色の方が似合うといわれますが、温かみのある暖色系のカラーを合わせたアッシュも人気で、今後もアッシュがメンズをモテる男に変えてくれることでしょう。いろいろな色と組み合わせることのできるアッシュで、自分に合った髪色はどんな色なのか、美容師に相談したりいくつか試してみるなどして自分に合った髪色が見つけられると良いですね。”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事